子供椅子というのは、新調したクッションを座と背に挟んで使いはじめるものなのだそうです。
すると、子供の成長と共にクッションもつぶれ、身体にあった椅子になってきます。
そのうちクッションがいらなくなり、やがて子供椅子からも卒業する時、
その子の名前を座面の裏に書いて次の子へと引き継いでゆくのだそうです。
私たちが理想とする、ものと人との謙虚で親密な関係です。

2007年6月21日、日本とスウェーデンで工芸を学んできた夫婦2人で、家具と手織物の工房を設立しました。
屋号の tass (タス)は、スウェーデン語で「(猫や犬などの)肉球のある動物の手」を意味し、転じて「人の手」も指します。


私たちは、素材・技法・形が調和したものを手仕事によって生みだし、
暮らしの中に実直な美しさと心地よさを提供したいと思っています。
使う人をはぐくみ、使う人にはぐくまれる、そんなものを作っていきたいと願っています。


Address
〒424-0055 静岡市清水区吉川468 tel/fax 054-345-4232